第8期養成講座:【知恵を絞る】

支援を行う時、
「この人たちは、何ができるか」「私たちは、何ができるか」を考えます。
そのためには、「整理」が必要になります。

 

じゃあ、整理とは?
1コマ目は岩田の“支援のための整理術”。


「整理=区別すること」を学んだ後の2コマ目は、
金田の“生活困窮の理解と支援”の1コマ。


事例をグループで「整理」しながら、
この人たちは、何ができるか?私たちは、何ができるか?
を考えました。

 

課題・問題がぐちゃぐちゃでは、いくら知恵を絞っても、なかなか整いません。
一つ一つ、何ができる?いつ?誰が?を整理しながらの時間でした。

*** 岩田 ***