概要・沿革

一社)東三河セーフティネットは、子どもがそだち、若者が自立を目指す中で起こる、さまざまな不安や課題を解決するためのご相談を通して、一人ひとりに合った支援をご本人やご家族と一緒に考えます。
行政や学校はもちろん、医療や福祉、司法など分野を超えた専門家たちと連携し、ご家族支援、学校・勤務先の支援など幅広く活動しています。
また、安心してご相談いただけるよう、人材の育成にも力を入れています。

<ごあいさつ>

私たちは、子どもたちが大人になることを楽しみにできる、そんな地域になることを目指しています。そのためには、大人が大人を愉しむことも大切だと考え、子ども・若者だけではなく、ご家族まで含めて「人生の歩き方が見つかるお手伝い」をさせていただきます。

お子さまが生まれ、大人になるまでの間、親御さんも周囲の大人たちもその子の幸せを願って育てます。その中で、つらいことや悲しいこと、イライラすることや不安なことが起きたとき、あの人に聞いてもらおう、あそこに相談に行こう、そう思い出していただける存在でありたいと思っています。


代表理事 金田文子

≪概要≫  

【名  称】

一般社団法人 東三河セーフティネット

【設  立】

平成23年1月21日

【事業内容】

・子ども・若者とそのご家族の相談・支援
・行政・学校・医療機関・司法機関等との連携
・就労前の支援及び就労後の定着フォロー
・支援スタッフ、相談スタッフの育成

【理事・監事】

代表理事  金田文子(家族環境支援スペシャリスト)
副代表理事 岩田美穂(家族環境支援士)
理事    渡辺竜夫(新城市基幹相談支援センター センター長)
理事    松田厚範(豊橋技術科学大学大学院 工学研究科 教授)
理事    中川英俊(弁護士)
監事    岩城弘和(公認会計士)

【スタッフ】

家族環境支援士R 17名
事務局 3名

(令和3年4月1日現在)

【事務所】〒440-0892 愛知県豊橋市新本町133-2(1F )
      TEL:0532-75-8978

≪沿革≫ 

平成23年 設立

       子ども・若者とその家族に関わる相談・カウンセリング開始

       家族環境支援士R養成講座第1期開講

平成24年 家族環境支援士Rによる訪問支援開始

平成25年 農園「アグリエ・ポタジェ」スタート

平成26年 豊橋市教育奨励賞受賞

平成27年 「さくら珈琲」新城市にオープン

平成28年 豊橋市より「困難を抱える子ども・若者への支援事業?(相談支援)」

      蒲郡市より「困難を抱える子ども・若者への支援事業?(相談支援)」

      豊橋市より「就労準備支援事業」

平成29年 豊橋市より「子ども・若者総合相談窓口運営業務」

      豊橋市より「就労準備支援業務委託」

      蒲郡市の受託事業継続

平成30年 豊橋市より「こども若者総合相談支援センター支援担当業務」

      蒲郡市の受託事業継続

      新城市より「不登校対策事業スーパーバイザー」を受託

令和元年  豊橋市、蒲郡市、新城市の受託事業継続

令和2年  豊橋市、蒲郡市、新城市の受託事業継続

      こども研究室「ぐりん」を開設

令和3年  豊橋市、蒲郡市、新城市の受託事業継続

      豊橋市より見守り強化事業を受託

      西尾市こども・若者総合相談センターアドバイザー業務を受託

      内閣府「子供・若者支援地域ネットワーク強化推進事業」

         「子ども・若者総合相談センター強化推進事業」アドバイザー

      愛知県子ども・若者の育成支援を考える有識者会議委員