農園“アグリエポタジェ”

一社)東三河セーフティネットは、協力企業と連携し、「食」と「農」を通して、人の生きるチカラを育む農園”アグリエポタジェ”を運営しています。
その連携先の ベジモファームB のみなさんが、先日、農園に足を運んでくださいました。

農園”アグリエポタジェ”の活動の様子は
・HPトップページ内「アグリエポタジェ」
・アグリエポタジェFacebook https://www.facebook.com/agriepotage
にてUPしております。

スマホとの付き合い方 どうする?

先日ココエールの黒板にこんなことが書いてあるのを見つけました。

これは、ココエールを利用している19歳の女性が『最近、親から「スマホを見ている時間が長いんじゃない?」と言われることが増えてきて、自分でもそうだな~って思ってて、気になってるんです』という話題になったときに、相談員と一緒にスマホとのかかわり方を考えた内容です。

相談員の問いかけに答える形で、自分とスマホの関係を思いのままにスラスラと黒板に書き出していきました。きっと普段からスマホの使い方に思うところがあったのでしょう。その思いを [良いところ] と [困っているところ] に区分けして書き出してみると、どういう付き合い方をしたいのかが、より見つけやすくなったようです。スマホを触らないことでできた時間は、自分の好きなことに充てられることが明確になり、さっそく『絵を描いたり散歩したりしよう!』と言っていたのが印象に残っています。

ネットやゲームは魅力的な情報や楽しみがいっぱい詰まっていて、使用時間が長くなりがちですよね。そのことでお困りの親御さんも多いかと思いますが、子どもが自ら〝何とかしたほうがいい〟と思うと、このように自分で考えて見直すことができるのですね。

第2回 親ごころ塾を開催しました

親ごころ塾は、参加者の「今の気がかり」「解決したいこと」を出していただいて、その一つ一つを東三河セーフティネット代表の金田が、解説や解決へのヒント等をお話しさせていただく勉強会です。

今回ご参加くださった親御さんから共通して出てきたのが【葛藤】でした。親が子どものことを想っての葛藤・子どもが親や周りの人との間に感じるであろう葛藤・社会に対する葛藤・・・いろいろな立場で抱える葛藤の内容は多岐にわたります。親子間での相互の葛藤は「相手を知ろうとしてうまれるもの」だから、葛藤があるということは、モヤモヤもするけれど大事なことでもあるという話が印象的でした。

そして【不安について】も話題になりました。親ごころ塾だけでなく、ご相談にいらっしゃる方は「将来大丈夫なのか」「このままでいいのか」等の不安を抱えていることが多くあります。その不安について金田は『不安はいつも未来からやってくるのです』『不安は湧いてくるものなので、湧いてきたらその都度未来に返しておきましょう』と。

確かにこの先どうなるのかを考えると、不安が不安を呼んでどんどん大きくなって、どうしたらよいのか分からなくなってしまいます。先のことは誰にも分からないのだから、考えても解決できません。考えても解決できない先のことは、未来にお返ししておいて、考えて解決できそうな時まで取っておいてもよいのかもしれませんね。

本日は梅雨前のカラッと晴れた気持ちのよい日でした。親御さんの心の雲を今日の天気のように、すっきりとするきっかけになってくれたのではないかと思います。

次々に“やってみたい!”が溢れ出す

先日、ぐりんの見学にお母様と一緒にきてくれたSちゃん。
カラフルで、さまざまなおもちゃが並ぶ棚を見つけ、興味津々。
でも、少し恥ずかしいので、お母様と一緒に選びました。

はじめに選んだのは、タングラム。
しばらく遊んだあと、次は、椅子を積み上げるゲーム、動物将棋、こぶたのパズル、カードゲーム……。

がんばれコブタくん

次々と手を伸ばし、あっという間の1時間半となりました。
時にニコニコしたり、時に真剣な顔を見せたり、いろいろな表情をみることができました。

「もっと面白いことがありそうだ! もっとやってみたい! 知りたい!」

これこそが学びの原点になるのだな、と感じた時間となりました。

 “こども研究室ぐりん”では、随時見学を受け付けております。
 お気軽に お問い合わせフォーム

 https://mikawa-safety.net/contactus/
 もしくは、お電話 0532-75-8978 へ、お問い合わせください。

*** スタッフ 藤田 ***

新年度1回目 石川先生のグループ相談会

今年度も石川先生のグループ相談会「学校に行きづらさを抱える子どもたちのために」を奇数月の第1土曜日に開催することになり、1回目の相談会を5/7(土)に行いました。参加者は22名、手指の消毒と部屋の換気を十分に行い、コロナ対策に気を付けながら講話とグループディスカッションの充実した内容でした。

この日のテーマは「学校不適応の要因、親の自己理解」。講話の前に参加の親御さんには、エゴグラムをチェックしてグラフを作成してもらいました。グラフから見える性格傾向を読み解いて、親も子もお互いの言葉を大切にしてコミュニケーションがとれるようにできることから始めていきましょう!・・と石川先生からお話しいただきました。

後半は、グループディスカッション。どのテーブルも話が途切れることなく、活発な意見交換が行われていました。参加者の感想をいくつかピックアップさせていただきます。

「性格は変えられるという内容が印象に残りました。行動を変えると考え方が変わって、感情が変わってくるので性格が変わる・・・親の行動を変えていくことから始めたいと思いました」「みんな同じような悩みをもっているが、各家庭の状況や原因は異なっていて、そこは不思議でもあるし育児の興味深いところだと感じました」「いろんな方の話が聴けてよかった。このように共有できる場所は必要だと思いました」「苦しい時期を乗り越えてきた方の話は、心に響きましたし勇気をもらいました」「エゴグラムで自分の性格傾向を知ることができて新たな気づきがあり、子どもとの会話の際に気を付けてみたいと思いました」

参加者からは、前向きな感想を多くいただきました。今日の勉強会での気づきや知識が今後の助けになったら幸いです。

令和4年度 第1回目の親ごころ塾を開催

桜も満開になり春本番の4月2日(土)、今年度初の親ごころ塾をココエールにて開催しました。

親ごころ塾は東三河セーフティネット代表の金田文子が講師となり、参加者の皆さんそれぞれの悩みや今の気がかりを出してもらい、解決のためにどうすればよいかを一緒に考え、子どもとのかかわりのヒントを持ち帰ってもう勉強会です。

この日は、お金に関する話やきょうだい喧嘩に絡んだ行動原理の話、親がブレずに信念をもつことの大切さなどを金田が解説しました。また参加者同士の意見も飛び交い、同席したスタッフもとても勉強になりました。

参加者からは「子どもと対話するときに戸惑う部分に気づけたので、モヤモヤしていた気持ちの焦点が合った感じがした」「もう少しゆったりと本人がどうするのか一歩引いて見守ろうと思う」「周囲に惑わされず自分の家庭のルールをブレずに貫こうと思う」「信念をもって子どもと接していきたい」などの感想をいただきました。

会が終了してからも、しばらく皆さんでお話をされていて、よい交流になったのでは・・とスタッフとしても嬉しく思いました。

プランターに花を植えました

ココエールに訪れる方々が「きれいだな」とか「可愛らしい」などと、心穏やかな瞬間を感じてもらえたらと、新年度に向けて色とりどりの花を植えました。色も形も香りも大きさも異なるけど、みんな「花」。小さなプランターの中にそれぞれの花がそれぞれの魅力を発揮してくれています。

右端の写真は先日、中2の女の子と一緒に植えたほうれん草です。プランターいっぱいに種を蒔くとたくさんの双葉が芽を出しました。間引きをするタイミングが少し遅かったので、大きく育つか心配ではありますが、一緒にお世話をしながら生長を見守ります。

まだプランターがあるので、これから子どもたちと相談をして野菜を育てたいと考えています。子ども達からどんな意見が出てくるのか楽しみです♪

グループ相談会「心の声を聴く」

今年度最後の石川先生のグループ相談会を3/12(土)に開催しました。今回は不登校経験のある若者2名をゲストに招き、石川先生との対談後グループワーク等を行いました。

参加者からは「希望がもてる話だった」「励みになった」「救われた」「自分一人ではないんだ」「子どもが安心して過ごせる環境作りをしようと思った」「親自身の課題が見つかった」「子ども自身の心が動くまで見守ろうと思った」「今まで自分がやってきたこと全てが経験になっていて、無駄なことはなかったと実感できた」等の感想が寄せられました。

参加者の皆さんは、グループワークでも活発に話ができたようで盛況でした。涙される参加者を優しいまなざしで見守るゲストの若者の姿を見て、ずっとかかわってきたスタッフがウルっとするという微笑ましい一場面もあり、それぞれの成長を感じ運営スタッフもステキな時間を共有させていただきました。

ゲストの2人は「参加された親御さんのためになればと思って自分の経験を話しましたが、話すことで自分自身に気づきがあってよかったです」「過去の自分のことを人前で話し振り返ることは初めてだったけど、親御さんのリアルな声が聴けて、親御さんも子どももよくやっているなと感じました」と改めて自分自身を振り返ったり、親御さんの想い等を感じたりと、それぞれに得るものがあったようです。

来年度も引き続き充実した内容でグループ相談会を開催していきたいと思っています。

まちかど保健室

リンクリアンでは現在、「まちかど保健室」を開催しています。
女の子のちょっとした疑問、「アレってどうなの?」をおしゃべりできる場所です。
最近ちょっと気になっていること、考えていること、モヤっとしたけど言えなかったこと、、、少しだけ聞かせてくれませんか。


【まちなか図書館 3階相談室1前】
図書館に来たついでに、気軽にいつでもおしゃべりできます。
医師の岡田百合香先生とお話しもできます。
生理用品の配布や展示もしています。
7月の予定はこちらです↓
・4日(月)14:30~17:30
・11日(月)14:30〜17:30
・25日(月)14:30~17:30
・30日(土)13:00~16:00
 

【東三河セーフティネット事務所】
こちらは完全予約・個室で、静かな環境でお話しできます。
7月の予定はこちらです↓
・毎週水曜日10:00~13:00
・毎週木曜日16:00~19:00
 

工程を見守り、完成を一緒に味わう

先日の活動で「これ、やってみたい。」と、タングラムを始めたA君。
タングラムは、7個のピースを使ってシルエットを作るパズルですが、
一筋縄ではいかないシルエットばかりです。

やってみようかな  やっぱりやめた  できるかな?
と、手を動かす。
その工程を見守り、完成した時は「よし!できた!」を、一緒に味わっています。

「さて、次は……」と、違うシルエットにチャレンジするA君。
興味を深める先にあるものを、一緒に探していきたいと思います。

*** スタッフ 藤田 ***